日経ビジネス 2001/06/04号

特集 土地を鍛えろ 第1章 所有だけでは価値生まず
利回り重視ワンルームタイプ
REITで不動産の金融商品化進む

 昨年9月8日、大手商社の丸紅のマンション販売事務所に全国から電話の問い合わせが殺到し、職員が対応しきれない状態になった。きっかけは、同日の日本経済新聞朝刊に掲載された販売広告だった。 東京・銀座4丁目にある歌舞伎座のすぐ近くという超一等地。丸紅によると、同地区でマンションが販売されるのは二十数年ぶり。(32〜33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2686文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 不動産事業 > その他(不動産売買)
建設・不動産 > 不動産事業 > 不動産事業の市場・業界動向
建設・不動産 > 建設・不動産の市場・業界動向 > 不動産事業の市場・業界動向
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > 金融商品・サービス
ビズボードスペシャル > 市場・業界動向 > 不動産事業の市場・業界動向
【記事に登場する企業】
歌舞伎座
丸紅
update:19/09/24