日経ビジネス 2001/06/04号

特集 土地を鍛えろ 第2章
土地余り時代がやってくる 激安輸入野菜の攻勢で農地どうなる
激安輸入野菜の攻勢で農地どうなる

 日本は狭いから地価が高い。だから物価が高くても仕方がない——。土地神話とともに生きてきた日本人には、こんな常識が染みついている。だが、国内では既に土地が余っている。特に深刻なのが農地だ。 国内の耕地面積に対する作付延べ面積の割合を表す耕地利用率は1956年には137.6%だったが、93年には100%となり、99年には94.4%にまで下がった。(36〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2411文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/24