日経ビジネス 2001/06/04号

編集長インタビュー 人物
ダグラス・ダフト氏[コカ・コーラ会長兼最高経営責任者]
 ブランド力ある限り会社の強さは不変 戦略的提携進め、社風を改革する

 問 コカ・コーラは強い米国を象徴する企業です。しかし、1997年にロベルト・ゴイズエタ会長が亡くなると、業績は急降下しました。 答 彼は今でも私を監視していると思うので、発言には気をつけないといけません(笑)。まず最初にご理解いただきたいのは、業績の不振はこの2年間に限られた出来事です。彼の死の1、2年後なんですね。(68〜71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5994文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
update:19/09/24