日経ビジネス 2001/06/11号

有訓無訓 コラム
将来見通すのは「善悪」での判断力
小澤  三敏[住友重機械工業会長]

 私は大学を出てから約20年、製造現場でモノ作りをやってきました。どんな製品を作るかはある程度決まっていて、「徹底的に良いものを作る」「ミスをゼロにする」ことに全精力を傾けてきました。そこでの判断は「良否」に尽きます。欠陥製品である「否」は許されず、「良」しか認められない世界です。設計にミスがあれば、突き返し、徹底的に計算させる。(1ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1335文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 施工 > 土木施工技術・ツール
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木施工技術・ツール
【記事に登場する企業】
住友重機械工業
update:19/09/24