日経ビジネス 2001/06/11号

時流超流・トレンド リストラ効果
コムスン、月間黒字化でもまだ続く正念場 折口氏「ノウハウ分かった」、しかしヘルパー確保に不安も

 大手在宅介護会社のコムスンは5月30日、4月の経常利益が1500万円と介護保険導入後初の単月黒字になったと発表した。昨年6月は月35億円超の経常赤字だったが、その後の度重なるリストラが奏功した形だ。大手では、今年1月に営業黒字になったジャパンケアサービスに次ぐ単月黒字化だ。 確かにこの間のリストラは凄まじかった。(10ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1709文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
企業・経営・ビジネス > 人事 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > リストラ・レイオフ
【記事に登場する企業】
コムスン
ジャパンケアサービス
update:19/09/24