日経ビジネス 2001/06/11号

時流超流・トレンド 景気読み筋
IT産業調整でアジアに再び悪化の兆し
スフィンクス・インベストメント・リサーチ代表取締役  藻谷  俊介

 日米ともに株価がある程度の水準を回復したことから、市場では極端な悲観論が退潮し、投資家の動きにも幾分余裕が感じられるようになった。これまで当コラムで、世界経済の調整が産業限定的かつ地域限定的であることを示し、「米国発の世界同時不況説」に反論してきた身からすれば、市場が自律回復したこと自体は喜ばしい。(16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1502文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
スフィンクス・インベストメント・リサーチ
update:19/09/24