日経ビジネス 2001/06/11号

第2特集
どうせするなら「良い倒産」
先手先手が再建促す  「日々倒産」の心構えはあるか

 「お前ら、分かっとるんか。やる気があるんか!」。1998年7月13日、プリント基板メーカー、富士機工電子(大阪府堺市)は会社更生法の適用を申請した。その日の夜、保全管理人に選出された上田裕康弁護士は、工場内の会議室に集まった約20人の中堅幹部職員を一喝した。室内を包む静寂。重苦しい雰囲気の中、1人が「やります!」と声を張り上げた。(42〜48ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:10564文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 倒産・解散
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
update:19/09/24