日経ビジネス 2001/06/11号

時流超流・トレンド ちっともよくないe−Japan 高度な技術者の育成
人材危機にようやく対応も頼みは外資

 「e−Japan戦略」の中で見過ごされてきたIT分野で高度な技術を持つ、文字通り戦略を担える人材育成に政府がようやく取りかかる。 この目的のため、総務省による「高度人材育成センター(仮称)」の創設計画が本誌の取材で明らかになった。センターの運営は外資系企業が中心になる見込み。(4〜5ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1147文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 人材育成・活用・制度
情報システム > 電子政府 > その他(電子政府)
【記事に登場する企業】
NTT-ME
サン・マイクロシステムズ
シスコシステムズ
日本マイクロソフト
update:19/09/24