日経ビジネス 2001/06/18号

時流超流・トレンド どうなる個人消費低迷
地方での一番店集中と地域間格差拡大が同時進行 取引先の選別が後押し、14カ月ぶりに水面下脱しても喜べない百貨店の現況

 消費回復の兆しか——。日本百貨店協会が発表した4月の全国百貨店売上高は、前年同月比プラスマイナスゼロだった。プロ野球・巨人の優勝セールの特需によってプラスに転じた昨年9月を除けば、前年比マイナスを脱したのは実に14カ月ぶりだ。 だがその内訳を見ると、2つの現象が浮かび上がってくる。地方都市で進む地域一番店への一極集中と、地方と都市部の格差の拡大だ。 (4〜5ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2928文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
日本百貨店協会
update:19/09/24