日経ビジネス 2001/06/18号

時流超流・トレンド 新国際ルール
英国発、債権放棄の「INSOL8原則」とは何か 日本で採用の動き、国債バブル崩壊切り抜けても貸出資産健全化は依然急務

 6月7日、全国銀行協会と経団連は都内で「私的整理に関するガイドライン研究会」の初会合を開いた。今後多発する債権放棄を公平かつ迅速に進めるため、一定の準則を作るのが狙いだ。(8〜9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3130文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 倒産・解散
政治・経済・社会 > 国内財政 > 税金・国債
【記事に登場する企業】
全国銀行協会
獨協大学
日本経済団体連合会
update:19/09/24