日経ビジネス 2001/06/18号

編集長インタビュー 人物
生駒 俊明氏[日本テキサス・インスツルメンツ(TI)社長]
米半導体産業は20年来で最悪の不況  「モノ作り礼賛論」では国が衰退する

 答 ものすごく厳しいですね。約20年前にもマイナス成長の時期がありましたが、谷の深さは当時に匹敵するか、それ以上だという見方が米国では一般的です。日本の受け止め方は楽観的過ぎますね。 問 半導体が産業としての体をなしてから最悪の不況に陥った原因はどこにあるのでしょう。 答 いくつかの要因が重なっているのでしょうが、1つは在庫が急に伸びたことですね。(88〜91ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6045文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
日本テキサス・インスツルメンツ
update:19/09/24