日経エレクトロニクス 2001/06/18号

特集 バスよりシリアル、GHz伝送への決断 実現技術
GHz動作のボード設計 「距離の壁」を克服へ

 「GHz動作のボード設計には,インタフェース周辺のありとあらゆる技術について変革が求められる。半導体回路設計や実装手法,伝送線路解析のすべてが,既存技術の延長ではとても対処できなくなるはずだ」(米Apsim社の松井則夫氏)注1)。距離の壁が立ちはだかる ポイント・ツー・ポイント(1対1)接続,そしてシリアル伝送の導入を境に,機器設計者は大胆な意識改革を迫られる。(118〜127ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:14454文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:18/08/02