日経エレクトロニクス 2001/06/18号

NETs特別講座
無線通信用パワー・アンプを舞台に 高周波トランジスタが競演

 セルラ電話,PCS(Personal Communication System)の次に,第3世代携帯電話システム(3G)が巨大な姿を見せ始めてきた。これに伴い,機器設計の現場では高周波無線(RF)のパワー・アンプの集積化に対する関心が一段と高まっている。 高周波パワー・アンプの高効率化,高出力化,小型化を達成するため,いま設計者はさまざまなタイプのトランジスタを試しているところである。(182〜191ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:12056文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > IC・LSI
update:19/09/26