日経ビジネス 2001/06/25号

時流超流・トレンド 深層
10月施行目前、確定拠出型年金「日本版401k」は誰がために 米国と雲泥の差、企業は導入に躊躇

 2年半前に鳴り物入りで導入がうたわれた確定拠出型の企業年金(日本版401k)制度。曲折を経ながら今国会を通過し、10月から施行となる見通しとなった。しかし、企業からは「あまりに使い勝手が悪すぎる」との声が多く、採用の動きは鈍い。 実際、本家米国の401kと比べると、彼我の違いは格段に大きい。 まず、非課税枠の対象となる拠出額。(4〜5ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3149文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > 保険商品・サービス
政治・経済・社会 > 国内財政 > 保険・年金・金利
update:19/09/24