日経ビジネス 2001/06/25号

時流超流・トレンド 小泉改革に提言
「血を流すだけではダメ、科学重視で新分野を拓け」 福井俊彦・富士通総研理事長が骨太改革成功の条件をズバリ指摘

 小泉純一郎首相が目指す構造改革は、経済財政諮問会議がまとめた基本方針の素案を見る限り、経済を動かすために資源を動かすという面で、方向に合致しており、評価できる。 例えば、特殊法人改革がそうだ。「政府系金融機関がメーンバンク」と言ってはばからない企業人がいるが、これは市場経済に照らせばおかしな話だ。市場のらち外で動く公的なカネのウエートが高すぎる。(6〜7ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3245文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
富士通総研
update:19/09/24