日経ビジネス 2001/06/25号

特集 シリーズ ニッポンの外科手術 第2弾 ダ
ダメ銀行の蘇生法
新生・八城マジックに学べ

 ダメ銀行がニッポンを危うくする。巨額の不良債権は銀行経営を揺るがし、金融システム不安が再燃しかねない。銀行が元気を取り戻さない限り、日本経済の再生は不可能だ。小泉純一郎政権は不良債権問題の早期解決を訴えるが、個々の銀行が収益力を高めなければ、不良債権の処理は進まない。銀行が問われているのは、経営効率にほかならない。 現実はどうか。(26〜27ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:893文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/24