日経トップリーダー 2001/07/01号

特別インタビュー
 「犠牲者選び」はすでに佳境に 標的は中小企業、生き残りには骨身を削るリストラが不可欠

政府が四月に打ち出した緊急経済対策に基づいて、不良債権の最終処理が始まる。小泉首相は「三年以内の処理」を断言するが、産業界、とりわけ中小企業への影響はどう出るのか。大手都銀出身の財務コンサルタント、宮本孝氏に「いまそこにある危機」の本質を語ってもらった。(36〜39ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6350文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
update:19/09/24