日経トップリーダー 2001/07/01号

会社が潰れる時
無謀な投資で自爆した「裸の王様」 二代目の見栄に振り回され、巨額の資産を食いつぶした温泉街の名門ホテル

経営者が冷静な判断力を失う大きな原因の一つは「見栄」だ。特に創業者の跡を継いだ二代目は、「先代を超えたい」「同業者には負けたくない」という気持ちから無謀な拡大路線に走り、借金だけを膨らませてしまうことが少なくない。九州の温泉地にある老舗ホテルの二代目は、その愚かさに最後まで気づかぬまま、転落への道を突き進んでしまった。(70〜73ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4503文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 投資・経費
update:19/09/24