日経トップリーダー 2001/07/01号

倒産の研究
大黒屋(百貨店)
低価格戦略でスーパーに惨敗 面子重視でリストラも手遅れに

 五月二一日午前八時三〇分、福島県いわき市にある百貨店、大黒屋の一階フロアには、三〇〇人近い従業員が集まった。 大黒屋の本来の始業時間は九時四五分。ほとんどの従業員は普段、九時から九時半に出社していた。この日に限って早く出社したのは前日の夜、全従業員の自宅にそれぞれの上司から「八時三〇分までに出社せよ」という連絡があったからだ。(74〜76ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3638文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 倒産・解散
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > リストラ・レイオフ
【記事に登場する企業】
商工会議所
大黒屋
update:19/09/24