日経ビジネス 2001/07/02号

時流超流・トレンド 景気読み筋
企業の業績悪化必至で深刻な低迷期へ
 ドイツ証券チーフストラテジスト 武者  陵司

 デフレ経済の中で数少ない明るい分野であった企業収益が、急速な悪化局面に入ってきた。2000年度下期には食品、医薬品、陸運、通信、小売りなど内需関連業種で減益傾向が鮮明になったが、2001年度に入り過去2年間の利益増加の7割を支えたハイテク、情報技術(IT)関連の大幅な落ち込みが顕著だ。(16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1492文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
ドイツ証券
update:19/09/24