日経ビジネス 2001/07/02号

特集 激安戦争を生き抜く(1)日本マクドナルド 第2章
すべて「数字で判断する経営」に
調達コスト1%減らせば10億円の利益増

 「どうしてこのソースに、高価な沖縄の塩を使うんです? 普通の塩ではいけないんですか?」 日本マクドナルドの工藤英昭・購買部長は、調味料メーカーの担当者にこう問いかけた。同社が毎年1回、65社の食材メーカーと個別に開く「サプライヤー・クオリティー・ステータス(SQS)会議」での一幕だ。(30〜33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5863文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
【記事に登場する企業】
日本マクドナルド
update:19/09/24