日経エレクトロニクス 2001/07/02号

開発ストーリ メモリ 高速メモリ「Rambus仕様DRAM」の
救世主,現る
高速メモリ「Rambus仕様DRAM」の開発 (第5回)

 会議室は,騒擾そうじょうの場と化していた。「Rambus仕様DRAMを2層のプリント配線基板で動くようにしてほしい」——任天堂の竹田玄洋氏からの要求を伝えたGeoff Tate氏やDave Mooring氏に対して,米Rambus Inc.の技術陣が一斉に砲火を浴びせたからだ(図1)。 もっともなことかもしれない。任天堂側の要求を実現するには,これから仕様を大きく変える必要がある。(143〜147ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5750文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > メモリー
【記事に登場する企業】
東芝
任天堂
米ラムバス社
update:19/09/26