日経ビジネス 2001/07/09号

時流超流・トレンド ニッポンの外科手術
激論 竹中平蔵VS堺屋太一 「骨太改革」断固として推進すべきだ
 ハードランディングで若干食い違いも、日本変革への心は一致

「骨太改革」は断固として推進すべきとの意見で一致した。(司会は本誌編集長、野村  裕知) ——まず、先月下旬に経済財政諮問会議でまとまった、経済・財政運営の基本方針(「骨太の方針」)について伺いましょう。堺屋さんは「85点」をつけられたそうですが…。 堺屋 私は高く評価しています。まず、方法論です。(4〜7ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5913文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
参議院
update:19/09/24