日経ビジネス 2001/07/09号

時流超流・トレンド アメとムチ?
金融庁が証券業界の摘発に張り切る理由 資本市場の育成政策掲げた以上、違法行為は許すまじ

 国内証券業界が「金融庁ショック」に揺れている。顧客取引などを巡り、コンプライアンス(法令順守)違反を指摘されて処分を受ける事例が相次いでいるためだ。準大手の国際証券は本誌7月2日号で詳述した通り3日間の全店業務停止処分を受けた。(14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1723文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
金融庁
証券取引等監視委員会
新光証券
日本証券業協会
update:19/09/24