日経ビジネス 2001/07/09号

時流超流・トレンド 人ニュース 追悼
変われぬ日本憂えた“物申す哲学者”賀来氏

 語り口は穏やかでも、話す内容はこの上もなく厳しい。6月23日に75歳で亡くなったキヤノンの中興の祖、賀来龍三郎氏は「直言の人」だった。 軍国少年として育ち、学徒動員で働いた長崎造船所で原爆投下に遭う。そして敗戦。「あの時一度死んだと思った。後の人生は付録だった」と周囲に語っていた。(21ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:716文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
キヤノン
update:19/09/24