日経ビジネス 2001/07/16号

特集 新たな波をつかまえろ 第3章
膨大な知的資産で新時代を生き抜く インテル  vs  トランスメタ
 偏執症だけが生き残る 知を磨いて波に乗れ

 パソコンの心臓部であるマイクロプロセッサー(超小型演算処理装置=MPU)で全市場の約8割を握り、情報技術(IT)世界の帝王として影響力を誇る世界最大手の半導体メーカー、米インテル。盤石この上なく見えた、その帝国の基盤を揺るがしかねない新技術が今、注目を集めている。 「クルーソー」。(35〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3810文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > その他電子部品 > その他電子部品
【記事に登場する企業】
インテル
米インテル社
トランスメタ
米トランスメタ社
update:19/09/24