日経ビジネス 2001/07/16号

経営戦略 ケーススタディー・マツダ 第1章
マツダ 険しい再建ロード
フォードに戦略なく、期待の新車も不発

 「4月まで月間1ケタの台数しか売れなかった」。関東地方のあるマツダ系ディーラーの社長は、マツダの新型SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)「トリビュート」の販売実績を聞かれ、あきらめの表情で淡々とこう答えた。 フルモデルチェンジが近い車なら仕方ないのかもしれない。しかし、「トリビュート」はマツダが昨年11月に発売した期待の新型SUVである。(46〜47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2443文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
マツダ
update:19/09/24