日経ビジネス 2001/07/16号

第2特集 シリーズ ニッポンの外科手術 第3弾 公共事業という麻薬
公共事業という麻薬 木頭村で露見した改革の“痛み”
苦しくとも断たねばならない

 なぜ公共事業はやめられないのか。政治家の地元への利益誘導に利用され、国民の生活水準向上を目指すという本来の趣旨から逸脱してしまったためだ。そして、いつしか公共事業の恩恵で生活する人々を路頭に迷わせないようにするため、公共事業は減らすに減らせなくなった。 小泉純一郎首相は「聖域なき構造改革」の中で、公共事業費削減を打ち出している。(184〜189ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6420文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
ビズボードスペシャル > 事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
update:19/09/24