日経ビジネス 2001/07/16号

時流超流・トレンド IT経営の波 CIOインタビュー(3)
新日本製鉄副社長 木原  誠氏
 自前システムから既製品利用への転換が課題

 新日本製鉄は生産部門の情報技術(IT)化に40年以上かけて取り組んできた。大型コンピューターで生産を管理することが不可欠だったからだ。ITのノウハウは、それを生かした専門会社を設立するほどに蓄積してきた。課題は、コストの低い既製品ソフトを取り入れ、既存のソフトと置き換えること。自前の手作りシステムへのこだわりを捨てることが必要だ。(202〜203ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3144文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
日本製鉄(旧・新日鉄住金)
update:19/09/24