日経ビジネス 2001/07/23号 別冊

ビジネスAdvance 「新・会社人間」宣言 インサイド
早期選抜、リストラ 勝ち組・負け組の分岐点は30歳に
危機意識を募らせる企業 暗躍するリストラ代行業

 リストラの若年化の動きはここにきてさらに本格化する兆しを見せている。この背景には言うまでもなく企業の強い危機意識がある。米国経済の低迷による国内景気の悪化、小泉政権の構造改革にともなうデフレスパイラルの懸念など、経営環境は再び急速に厳しくなってきており、もはやなりふりかまってはいられない、と多くの企業が本音をむきだしにし始めているのだ。(14〜15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1833文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 新会社・新団体・起業
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > リストラ・レイオフ
update:19/09/24