日経ビジネス 2001/07/23号

有訓無訓 コラム
精神革命なくして改革の成功なし
住田  正二[東日本旅客鉄道相談役]

 小泉純一郎首相は経済構造改革を訴えていますが、私が運輸省(現国土交通省)にいた時から長年関わった国鉄改革がその手本となるでしょう。国鉄の経営が悪化する中でも、職員の間では当初、「なぜ変えなければならないんだ。今のままでいいではないか」という意識が強かった。 それでも国鉄の分割・民営化が成功したのは、精神革命を伴っていたからです。(1ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1276文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
【記事に登場する企業】
国土交通省
JR東日本
update:19/09/24