日経ビジネス 2001/07/23号

特集 この敗軍に学べ 変革のケーススタディー
【みずほインベスターズ証券】 厳格な社内監視が高める順法精神
上司の違法行為をホットラインで通報

 この10年、日本の証券業界は顧客への損失補填や、総会屋への利益供与で揺れに揺れ、社会的信用を失った。みずほフィナンシャルグループの証券会社、みずほインベスターズ証券(旧勧角証券)も例外とは言い切れない。 1994年、勧角証券は有価証券の含み損を転売する、いわゆる「飛ばし」取引で500億円もの損失を出した。大株主である第一勧業銀行のある幹部は、当時の状況を明かす。(32〜33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3045文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
みずほインベスターズ証券
みずほフィナンシャルグループ
update:19/09/24