日経ビジネス 2001/07/30号

時流超流・トレンド ニッポンの外科手術 激論
田中直毅VS梅田望夫 今こそ挑戦かき立てる新しい夢が必要 社会の二極化は不可避だが、デフレを利用し生活大国を目指せ
[21世紀政策研究所理事長]  [ミューズアソシエイツ社長] 大競争時代

 ——今日は、日本人と日本社会の在り方について語っていただきたいと思います。工業化社会の建設に成功した日本が、ポスト工業化社会を迎え国際競争力の低下が指摘されています。まずは、日本の現状をどう見るかからお願いします。 田中 日米を比較した時、米国社会の変化の激しさと、日本のもたつきを一番感じるのが教育ですね。(4〜7ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5808文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
21世紀政策研究所
ミューズアソシエイツ
update:19/09/24