日経ビジネス 2001/07/30号

時流超流・トレンド 新ビジネス
土壌汚染、浄化から売却まで請け負います 栗田工業が銀行や不動産会社とスクラム、再開発進むか

 工場跡地など土壌が汚染された土地の流動化を促そうと、環境事業大手の栗田工業が新事業に乗り出す。8月1日、企業などが所有する土地の汚染状況の調査から、浄化・修復、その後の売却先の仲介までを一貫して支援する新会社、ランドソリューション(LS社、東京・新宿区)を設立する。 LS社には栗田が過半の51%を出資。(11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1617文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
建設・不動産 > 不動産事業 > その他(不動産売買)
【記事に登場する企業】
栗田工業
ザイマックス
日本政策投資銀行
野村證券
ランドソリューション
update:19/09/24