日経ビジネス 2001/07/30号

技術&イノベーション
コレステロールを減らす食品
健康志向にマッチ、食用油で4社が激突

 心臓病などの成人病の背後には、コレステロールが潜んでいる。元来は体にとって必要な成分だが、血液中に増え過ぎ、それが酸化すると血管の内側にこびりついて動脈硬化を引き起こす原因になる(73ページ図)。 健康への影響が明らかになってきたことを背景に、コレステロール対策をうたった食用油が続々登場している。昨年9月に食用油3位の味の素が「健康サララ」を発売。(72〜76ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5960文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 健康維持・美容 > 健康維持・用品・食品
サービス・流通・生活・文化 > 健康維持・美容 > 健康維持・用品・食品
update:19/09/24