日経ビジネス 2001/08/06号

時流超流・トレンド 小泉大勝どうなるニッポン 危機は去らず
 不用意な財政・金融政策ならトリプル安も 国民の次はマーケットの信任、そのためには不良債権の早期処理断行を

 参院選から一夜明けた7月30日の日経平均株価は、前週末比218円81銭安の1万1579円27銭で引けた。小泉首相率いる自民党の圧勝との結果に、株式市場はバブル後最安値の日経平均という回答を返した。「参院選の結果に驚きはなかった」というのが市場関係者の共通した見方だった。 株式市場は小泉改革の先行きを疑問視している。デフレの進行など改革の痛みの大きさを先取りしている。(6〜8ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5289文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
自民党
update:19/09/24