日経ビジネス 2001/08/06号

時流超流・トレンド 人ニュース 組織活性
 プラスの分社化戦略支えるスカウト人事 異分子取り込む秘訣は、兄の強い意志と弟の熱い口説き

 大手文具メーカーのプラスが2003年5月までに純粋持ち株会社に移行することを視野に入れ、分社化を加速している。その分社化戦略の最大の見どころは、人事と言ってよい。分社化した子会社のトップに、プロパー社員ではなく、社外からスカウトした人材を次々と据えているからだ。 外部からのスカウト人材が活躍している典型例が、文具通販のアスクルだ。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1535文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
【記事に登場する企業】
アスクル
ライオン
update:19/09/24