日経ビジネス 2001/08/06号

焦点リポート
小倉昌男が挑む「反・常識」の福祉
一等地にパン屋やカフェ 経営の視点で行政頼み脱却 企業、自治体に広がる「小倉イズム」

 「まるで中小企業向け経営講座だ」。今年7月、ヤマト運輸元会長の小倉昌男氏が理事長を務めるヤマト福祉財団のパワーアップセミナー。講師として参加した中小企業診断士の高井由紀子氏は、初日の小倉氏の講義を聴きながら、こう漏らした。 財団が無認可の小規模共同作業所の職員を対象にセミナーを開催するようになってから、6年目を迎えた。(132〜137ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8260文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
地方自治体
ヤマト運輸
update:19/09/24