日経ビジネス 2001/08/06号

ビジネスeye
こんなところにUSJ効果
旧作ビデオや玩具、衣料にも波及 低迷続く関西経済の救世主となるか

 大阪市に米国映画のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ)が開業して4カ月。米国流のアトラクションが人気を呼び、順調な滑り出しを見せている。 入場者数は開業から37日目に100万人を突破。テーマパークの大先輩、東京ディズニーランド(TDL)の39日という記録を抜いた。夏休みに入ってからも賑わっており、初年度800万人の当初目標は軽くクリアしそうだ。(146〜147ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2519文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 行楽 > アミューズメント施設
サービス・流通・生活・文化 > ファッション・衣料 > その他(ファッション・衣料)
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
オリエンタルランド
ユー・エス・ジェイ
update:19/09/24