日経ビジネス 2001/08/06号

本 話題の書 人生の贈り物
 『人生の贈り物』

 前著『チーズはどこへ消えた?』が大ベストセラーとなった著者、スペンサー・ジョンソン氏ものの第2弾。前著が会社や家族など組織における他者との触れ合いの中での「自分」を書いたとすれば、同書は「自分」そのものに焦点を当てた内容だ。 話の大半が「若者」と「老人」の2人の間で進む。貰っただけで幸せになる不思議な贈り物がある、と老人から聞いた若者はそれを必死に探す。(160ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:321文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
扶桑社
update:19/09/24