日経メディカル 2001/08号

特集 小泉“改革プログラム”で 医療供給は本当
 小泉”改革プログラム“で 医療供給は  本当に変われるか

 医療費をいかに抑制するか—。これが,小泉内閣の経済財政諮問会議が今年6月にまとめた“骨太の方針”の最大の核心だ。だが,過去の例からも分かる通り,財政論議にばかり目を奪われた改革は,まともな供給体制の立て直しの実を挙げてこなかった。 今特集では,あえてあるべき供給の形を志向する立場から,改革論議を検証してみる。(40ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:239文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/27