日経メディカル 2001/08号

特集 小泉“改革プログラム”で 医療供給は本当
改革論議を点検する 供給改革のために何が必要か

 “骨太の方針”の中で焦点になっているのは,医療費の抑制,混合診療の解禁,企業による医療機関経営の解禁—の三つだ。果たしてそれらが良質なサービス供給につながるのか,医療提供側の視点から,これらの妥当性を検証した。医療費抑制策の妥当性 日本の医療費は諸外国と比べると,決して高くはない。(44〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2915文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/27