日経メディカル 2001/08号

特集 小泉“改革プログラム”で 医療供給は本当
患者,同僚による不断の評価を 情報の質上げ,多彩な形で開示

 医療界全体が積極的に情報公開に取り組めば,おのずと競争環境が整ってくる。これは医療機関の自己変革を促す一方,患者の“お任せ”体質をも変える可能性がある。これが両者が共に育ってゆく上で欠かせないプロセスだ。 例えばこんな未来図が描ける。都内で乳癌の日帰り手術専門のクリニックを開業するA医師は46歳。開業したのは5年前のことだ。(46〜49ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6433文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/27