日経メディカル 2001/08号

シンポジウム ストレスと疾患
ストレスと疾患 ●ストレス・コントロール●
ストレスが疾患の引き金に 中枢神経が免疫増強に関与 川村  則行(国立精神・神経センター心身症研究室長)

◎ストレスは,精神分裂病やうつ病などの精神疾患,心血管疾患,糖尿病,癌など様々な疾患の引き金となる。◎快感やリラックスした気分は,視床下部のある部位を刺激して免疫系を増強させると考えられている。◎ストレス・コントロールに当たっては,ストレスへの対処法を指導するだけでなく,患者の心理状態や生育歴にも目を向ける必要がある。(101〜103ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4176文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 精神の疾患
【記事に登場する企業】
国立精神・神経医療研究センター
update:19/09/27