日経エレクトロニクス 2001/08/13号

特集 2次電池
泣きっ面に蜂 数量も単価もシェアも減る

 Liイオン電池やNi水素電池などの2次電池の出荷金額は,2001年に対前年比10%減と大幅に落ち込む。 2次電池市場は,出荷台数の落ち込んでいる携帯電話機に大きく依存しているため,2001年前半に出荷個数で激減する。その上,平均単価が15%前後も下落する。大幅な供給過剰が解消されない状況で,中国や韓国のメーカーが,より一層の低価格攻勢をかけるためだ。(126〜130ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5565文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > 電池
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > 電池
update:19/09/26