日経エレクトロニクス 2001/08/13号

Selected Shorts
ホワイトハウスが戦々恐々 「Code Red」再発のおそれ

 2001年7月中旬に大きな被害をもたらしたウイルス「Code Red」の感染が同8月に再発する恐れがあるとして,各団体が一斉に警告を発した。警告情報を発表したのは,セキュリティ組織の米CERT/CCや米FBI,国内では情報処理振興事業協会などである。Code Redは,米Microsoft社の「Internet Information Server(IIS)」のセキュリティ・ホールから感染する。(46ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:321文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
米コンピュータ緊急対応センター(CERT/CC)
情報処理推進機構(IPA)
米連邦捜査局(FBI)
米マイクロソフト社
update:19/09/26