日経ビジネス 2001/08/20号

特集 米中新冷戦 第3章
ワシントン発この3冊
続々現れる中国関連本、正論・極論・暴論で読む対中観

 Japan is history, China is it. 長らく日米貿易摩擦案件に携わった後、今は某上院議員の秘書を務める人物がそう言っていた。「日本は終わった。今や中国だね」という意味か。あたかも米国では中国関連本が続々と出ている。玉石混交なのは当然として、玉も石も米国2001年の対中観を体現している。最近出た代表的な3冊を読みながら、米国の論調をあぶり出してみたい。(35〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4994文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
米カリフォルニア大学
update:19/09/24