日経デザイン 2001/09号

リポート 企業
復活のために デザイナーができること
曲がり角のデザインマネジメント

 2000年6月に起こった食中毒事件がなければ、ここまで変わらなかっただろう。雪印乳業が2001年3月にリニューアルした「毎日骨太MBP」シリーズのことだ。同社のブランドカラーの「SNOW BLUE」と呼ばれる青と、赤で構成されたパッケージが、今回水色を基調としたデザインに様変わりした。「毎日骨太」のロゴは小さくなり、その代わりに「MBP」の表示が大きく付け加えられた。(68〜71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4317文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
雪印乳業
update:18/08/02