日経デザイン 2001/09号

私論一石
再びクルマは憧れの 対象になるのか…
足りないのは、中から見る ボディーデザイン

4代目となる新型ソアラは「その時代で最も美しいクーペとして、常に憧れの対象であること」、「その時代の最先端技術と培われたこだわりの技術でチャレンジャブルであること」という、初代モデルから20年受け継がれているソアラ哲学の下で開発された。プレステージコンバーチブルにとって最も大切な要素は「スタイル」。(92〜93ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3942文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:18/08/02