日経ビジネス 2001/08/27号

時流超流・トレンド 執行猶予
マイカル支える第一勧銀の真意巡り憶測 上期赤字でも実施の8月巨額融資は外資への持参金か

 マイカルが第一勧業銀行から多額の追加融資を受け、市場からの退出圧力はひところに比べ弱まった。 8月13日に開いた取締役会でマイカルは子会社のマイカル北海道の株式売却を決定。14日には「メーン行の第一勧銀が500億円の追加融資を実施」と報じられた。続いて、外資系企業との提携説が改めて報道されたことも後押しし、マイカルの株価は急反発し3ケタ台を回復した。(9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1681文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
【記事に登場する企業】
マイカル
update:19/09/24